公益社団法人日本心理学会 注意障害研究会

 本研究会は、医師・心理士・小学校教諭などさまざまな立場で実践研究を行っている研究者が集い、注意制御機能の観点から効果的な治療法・支援方法の開発と評価を行うことを目的としてます。本研究会は複数のグループで構成されており、それぞれのグループでの活動を報告する研究集会を実施しております(昨年は早稲田大学応用脳科学研究所と共催)。

 なお、本研究会は公益社団法人日本心理学会「研究集会への助成(単年申請:2012年度・2013年度・2014年度・2015年度)」を受けて運営されております(詳細は Attention Disorder Group を参照)。

一般社団法人日本健康心理学会 学校発達保健研究会

 学校現場における「発達」の問題は、発達障害などに限定されることなく、「心と体の成長」の問題として捉えることができます。本研究会では、心と体に関する発達の問題について、健康心理学的観点からアプローチを行ない、問題整理とその解決を目指していきます。本研究会のメンバーの多くは、養護教諭免許や保健師・看護師の資格を有し、また、学校現場において保健教育の実践経験があります。また、メンバーの中には健康心理学的な研究方法によって、保健教育に関する実証研究を行なっているメンバーもいます。現場での実践からもたらされる問題を実証的観点から検討します。

 なお、本研究会は日本健康心理学会「研究集会への助成(単年申請・最長3年間:2015年度)」を受けて運営されております(詳細は School Developmental Health を参照)。

抑うつ者に対する注意制御訓練の効果:NIRSを用いた治療評価

  • 野田 隆政独立行政法人国立精神神経医療研究センター病院精神科(医長)
  • 西  優子独立行政法人国立精神神経医療研究センター(研究員)
  • 富田  望:早稲田大学大学院人間科学研究科(博士後期課程)
  • 今井 正司:名古屋学芸大学(准教授)/早稲田大学応用脳科学研究所(招聘研究員)
  • 熊野 宏昭:早稲田大学人間科学学術院(教授)/早稲田大学応用脳科学研究所(所長)

 * 科研費基盤C(代表:熊野宏昭、分担:野田隆政・今井正司)の助成を受け実施

アレキシサイミアとメタ認知機能との関連:fMRIによる検討

  • 守口 善也:ルンドベック株式会社開発本部メディカルアフェアーズ部(部長)/独立行政法人国立精神神経医療研究センター(客員研究員)
  • 金山 祐介:早稲田大学大学院人間科学研究科(博士後期課程)
  • 今井 正司:名古屋学芸大学(准教授)/早稲田大学応用脳科学研究所(招聘研究員)
  • 熊野 宏昭:早稲田大学人間科学学術院(教授)/早稲田大学応用脳科学研究所(所長)

* 科研費基盤B(代表:守口善也、分担:熊野宏昭、連携:今井正司)の助成を受け実施

発達神経教育:視線と脳血流

  • 坂本 條樹:埼玉県所沢市発達障害・情緒障害通級指導教室(教諭)
  • 斉藤 文子:埼玉県所沢市発達障害・情緒障害通級指導教室(教諭)
  • 伊東 真吾:埼玉県所沢市教育委員会学校教育課(指導主事)
  • 岡部泉太郎:埼玉県所沢市発達障害・情緒障害通級指導教室(教諭)
  • 佐藤 有佳:カウンセリングルーム東松山(心理士)
  • 土屋 初希:埼玉県立精神保健福祉センター(心理士)
  • 今井 正司:名古屋学芸大学(准教授)/早稲田大学応用脳科学研究所(招聘研究員)
  • 熊野 宏昭:早稲田大学人間科学学術院(教授)/早稲田大学応用脳科学研究所(所長)

* 笹川財団研究助成(代表:今井正司)を受け研究の一部を実施

特別支援教育の実践研究

  • 坂本 條樹:埼玉県所沢市発達障害・情緒障害通級指導教室(教諭)
  • 斉藤 文子:埼玉県所沢市発達障害・情緒障害通級指導教室(教諭)
  • 伊東 真吾:埼玉県所沢市教育委員会学校教育課(指導主事)
  • 岡部泉太郎:埼玉県所沢市発達障害・情緒障害通級指導教室(教諭)
  • 今井 正司:名古屋学芸大学(准教授)/早稲田大学応用脳科学研究所(招聘研究員)

* 笹川財団研究助成(代表:今井正司)を受け研究の一部を実施

行動神経療法の開発と評価

  • 今井 正司:名古屋学芸大学(准教授)/早稲田大学応用脳科学研究所(招聘研究員)
  • 熊野 宏昭:早稲田大学人間科学学術院(教授)/早稲田大学応用脳科学研究所(所長)
  • 今井千鶴子:早稲田大学人間科学学術院通信教育課程(教育コーチ)
  • 西  優子:独立行政法人国立精神神経医療研究センター(研究員)
  • 富田  望:早稲田大学大学院人間科学研究科(博士後期課程)

* 科研費若手A(代表:今井正司)を受け研究の一部を実施

母子の外出活動と社会との相互作用に関する構成主義的アプローチの研究

・・・・・・・・・・ 準 備 中 ・・・・・・・・・・