ワークショップ・シンポジウム・学会講演:10件

社交不安症に対するメタ認知療法の介入法と研究法

今井正司(座長)・富田望・今井正司(演者)

区分:第10回不安症学会ワークショップ

第10回日本不安症学会抄録集、Pp.***、東京、2018年3月


第三世代認知行動療法を再考する 適用、可能性およびその限界

:メタ認知療法の立場から

越川房子・佐渡充洋(座長)・岡本泰昌・佐渡充洋・熊野宏昭・今井正司(演者)

区分:第17回認知療法・認知行動療法学会大会企画シンポジウム

第17回日本認知療法認知行動療法学会抄録集、Pp.197、東京、2017年7月


メタ認知療法とACT

熊野宏昭(座長)・今井正司(演者)・瀬口篤史(演者)

区分:第16回認知療法学会ワークショップ

第16回日本認知療法学会大会抄録集、***、大阪、2016年11月


中学生の注意制御機能、ディタッチト・マインドフルネス、反芻、メタ認知的信念が抑うつに及ぼす影響

西優子・今井正司・金山裕介・熊野宏昭

区分:第2回優秀論文賞受賞講演

第15回日本認知療法学会大会抄録集、Pp.291(CP-2-5)、東京、2015年7月


メタ認知療法の理論と実際:基礎編

今井正司(講師)

学会:認知・行動療法学会(旧:行動療法学会)

対象:初級者(定員50名;3時間コース)

日本認知・行動療法学会第40回(38回研修会)、富山、2014年11月


アナログ研究の新展開

今井正司(話題提供:注意制御に焦点をあてたアナログ介入研究)

企画者:守谷順・飯島雄大・佐々木淳

話題提供:国里愛彦・高野慶輔

指定討論:金築優・金井嘉宏

第77回日本心理学会大会発表論文集、Pp.SS-51(発表番号SS-51)、北海道、2013年9月20日

ニューロサイエンスと認知行動療法の統合

今井正司(話題提供:注意障害と認知行動療法)

企画:認知療法学会

司会:清水栄司・最上多美子

話題提供:守口善也・須藤千尋・最上多美子

第13回日本認知療法学会プログラム、Pp.69(発表番号CB-S6-2)、東京、2013年8月

新世代CBTの論点:「距離をおく」ということ

今井正司(話題提供:メタ認知療法における「距離をおく」ための技法と理論)

企画者:伊藤義徳

話題提供:三田村仰・伊藤義徳

指定討論:熊野宏昭

日本行動療法学会第39回大会プログラム、Pp.89(発表番号B-PS5)、東京、2013年8月

能動的注意制御と精神的健康

今井正司(招待講演)

企画者:早稲田大学重点領域研究機構応用脳科学研究所

司会:熊野宏昭

早稲田大学応用脳科学研究所主催シンポジウム(pdf、埼玉、2012年6月30日

強迫性障害への認知的アプローチ II:ひねりのきいたアセスメント

今井正司(話題提供:発話思考法とDEMATELを用いた強迫観念のアセスメント)

企画者:杉浦義典・金築優・佐々木淳

話題提供:田中恒彦・小山徹平

指定討論:松見淳子・岩永誠

第68回日本心理学会大会発表論文集、発表番号W40、大阪、2004年9月

口頭発表:18件

注意訓練が抑うつ症状に対する認知療法の効果増強に及ぼす影響
今井正司・今井千鶴子・熊野宏昭
第119回日本心身医学会関東地方会大会プログラム・抄録集、Pp.14(発表番号Ⅱ-1)、東京、2011年10月.

抑うつ・不安傾向者の受動的処理と能動的処理

:感情価をともなった刺激が処理に及ぼす影響

宮崎球一・今井正司・根健金男
日本行動療法学会第36回大会発表論文集、Pp.132-133(発表番号03-1)、名古屋、2010年12月.

抑うつ・不安傾向者における受動的処理と能動的処理
宮崎球一・今井正司・根健金男

日本認知療法学会第10回大会発表論文集、Pp.115(発表番号:認01-2)、名古屋、2010年9月.


注意訓練が侵入思考への認知的対処に及ぼす影響
今井正司・今井千鶴子・根健金男
日本認知行動療法学会第9回大会発表論文集、Pp.158(発表番号OS6-1)、千葉、2009年10月.

思考と行為の混同が社会不安に及ぼす影響
阿部ひと美・今井正司・根健金男
日本認知行動療法学会第15回大会発表論文集、Pp.85(発表番号なし)、大阪、2009年3月.

クライアントとカウンセラー間における対話構造の数量的表現
今井正司・今井千鶴子・根健金男
日本行動医学会第14回大会発表論文集、Pp.77(発表番号22-B10)、三重、2008年3月.

自己教示が痛みの主観的評価に及ぼす影響

:不安感受性の要因を考慮して

今井千鶴子・今井正司・嶋田洋徳
日本行動療法学会第14回大会発表論文集、Pp.64(発表番号22-A05)、三重、2008年3月.

Repertory Gridから捉えた社会不安の高い者の特徴
阿部ひと美・今井正司・根健金男
日本行動医学会第14回大会発表論文集、Pp.66(発表番号22-A07)、三重、2008年3月.

怒り生起場面における主観的適切度と行動選択との関連
寶迫暁子・今井正司・根健金男

日本行動医学会第14回大会発表論文集、Pp.67(発表番号22-A08)、三重、2008年3月.


完全主義のサブタイプと不安との関連
平澤三保子・今井正司・根健金男

日本行動医学会第14回大会発表論文集、Pp.62(発表番号22-A03)、三重、2008年3月.


治療方法の選好順序における個人内の「ズレ」の検討
今井正司・今井千鶴子・嶋田洋徳

第111回日本心身医学会関東地方プログラム・抄録集、Pp.23(発表番号Ⅳ-3)、東京、2007年12月.


就職先選好順序における意思決定の数量的検討

:Fuzzy 測度 - Chouquet積分モデルを適用して

今井正司・今井千鶴子・嶋田洋徳
第33回日本行動療法学会大会、Pp.122-123(発表番号O1-1)、神戸、2007年11月.

発話プロセスの構造の可視化にともなう数量的表現

:システム構造分析を用いて

今井正司・今井千鶴子・嶋田洋徳
第110回日本心身医学会関東地方会プログラム, Pp.20(発表番号III-4)、東京、2007年9月.

侵入思考への認知的対処プロセスが強迫観念傾向に及ぼす影響
今井正司・金築優・今井千鶴子・根建金男
第13回日本行動医学会学術総会抄録集、Pp.30(発表番号17-11)、埼玉、2007年3月.

Pain Vigilance and Awareness Questionnaire 日本語版の作成と信頼性・妥当性の検討
今井千鶴子・今井正司・嶋田洋徳
第13回日本行動医学会学術総会抄録集、Pp.41(発表番号17-24)、埼玉、2007年3月.

問題解決と社交不安に特徴的な認知の関連
阿部ひと美・今井正司・根建金男
第13回日本行動医学会学術総会抄録集、Pp.67(発表番号18-26)、埼玉、2007年3月.

認知的統制の機能が抑うつと不安に及ぼす影響
法田裕美子・今井正司・根建金男
第13回日本行動医学会学術総会抄録集、Pp.52(発表番号17-62)、埼玉、2007年3月.

学校における行動アセスメントと支援

:システム構造分析を応用した分析方法の提案

今井正司・嶋田洋徳
日本行動療法学会第31回大会発表論文集、Pp.124-125(発表番号02-2)、広島、2005年10月.