159.【OGブログ】成長

 梅雨の時期となりました。気温差が激しく、体調を崩し来室する児童が増えてきました。わたしは、4月から小学校の養護教諭として働いています。毎日のように行っていた健診も終わり、少し落ち着いてきました。写真は1年生が育てているあさがおの写真です。保健室からは、一年生の子があさがおに水やりをし、観察をする姿が見えます。きれいなあさがおが咲き、子どもたちの笑顔が見られるのが楽しみです。

 わたしの学校では、外国からの転入生がとても多く、中国、パキスタン、ブラジル、フィリピンからと様々です。中には日本語が話せない、わからない子もいます。子どもたちは、身振り手振りで伝えようとしたり、自分の知っている英単語を使ったりして一生懸命会話をする姿がみられます。知らない土地へ来ることへの緊張に加え、言語がわからず、自分の思いが伝わらないことはどれだけ不安なのだろうと思います。毎日学校へ来て勉強をし、少しずつ学校へ慣れていく姿を見るたびわたしも頑張らなくてはと励まされています。わたしも子どもたちに負けないよう成長していきたいなと思います。働き始めて、養護教諭は周りの人の支えあっての職務だということを身に染みて感じています。相談することで得られることがたくさんあります。まだまだ臆病になってしまう部分もありますが、一歩踏み出すことを大切にしていきたいです。(2017年度卒:野呂美優)